池袋の医療脱毛で起こりやすい肌トラブル

デリケートゾーン(Vライン・Iライン・Oライン)の皮膚は体の他の部分と比べてとても薄いという特徴があります。

そのため、自己処理で肌トラブルが起きやすい部分でもあります。

Vラインは処理するムダ毛の数が少ないので、毛抜きで抜いているという人も多いのではないでしょうか?

カミソリよりも負担が少なそうな「抜く」という処理方法ですが、実は皮膚を無理やり引っ張るので毛根部分に炎症を起こしやすくなるのです。

カミソリが皮膚の表面を傷つけるのに対して、毛抜きでの処理は毛根周辺(皮膚の内側)を傷つけてしまうのです。

毛根周辺が傷付いて炎症を起こしてニキビのように悪化していくケースもあります。

また、ワックスや脱毛テープの成分でかぶれるといった肌トラブルも起きやすいので注意が必要です。一度かぶれたら治りにくい箇所でもあるので気をつけてください。

デリケートゾーンだからこそプロの手で

では、どうやったら肌トラブルを起こさずに池袋で医療脱毛ができるのか。

それは、エステやクリニックなどでプロにお任せしてしまうという方法が正解です。

デリケートゾーン脱毛は、Vライン脱毛やIライン脱毛といったパーツごとにコースが設定されていることが多く、光脱毛を何回か繰り返して自己処理の必要ない状態にします。

光脱毛が主流ではありますが、デリケートゾーン脱毛に関しては池袋でも医療脱毛を行っているところもあります。

他の部分に比べて毛が太いので、確実に毛根にダメージを与えられるニードル脱毛の方が早くムダ毛の無い肌を手に入れることができるのです。

ニードル脱毛を行っているサロンは数が少ないのですが、大手美容外科などでは今でも人気のあるメニューとなっています。

フィード